バンダイ傘下のメガハウスは、子供向けの Android タブレット端末「tap me(タップミー)」を7月中旬に発売する。対象年齢は4歳から8歳で、「セキュリティをしっかり」「楽しく遊んで学べる」がコンセプト。税込みメーカー希望小売価格は2万790円。

メガハウス、子供向け Android タブレット「tap me」を7月中旬発売、2万790円
tap me

tap me は、「子供でも安心して安全に使わせることができる本格キッズ用タブレット」という。アプリケーションや Web 閲覧、メール使用可否や使用可能時間帯を保護者が設定できる管理機能「パパママモード」を搭載しており、危険な使用や使いすぎを防ぐ。シリコン製ジャケットが付属しており、本体を滑りにくく持ちやすくするほか、ぶつけたり落としたりした場合の衝撃を吸収する。

保護者向け管理機能
保護者向け管理機能

プリインストールしている30種類以上のアプリケーションは、文字、数、図鑑、ドリルといった教育系が充実。ゲームや占いなどのエンターテイメント系も用意している。無線 LAN(Wi-Fi)経由でインターネット接続して、さまざまなアプリケーションをインストールすることも可能。「キッズアプリマーケット」の開設も予定している。

画面は7インチ(800×480ピクセル表示)で、画素数が約200万画素のメイン カメラ、同30万画素のサブ カメラを搭載する。RAM 容量は 512MB、ストレージ用メモリー容量は 4GB。最大 32GB の microSD メモリーカードが使用可能。バッテリ容量は 2,400mAh。Android OS のバージョンは4.0。

サイズは幅189×厚さ11.5×高さ 118mm。重さは450g。カラーバリエーションは「レッド」「ブルー」の2種類。

tap me の紹介ビデオ

なお、日本トイザらスも tap me と近いスペックの子供向け Android タブレット端末「MEEP!(ミープ)」を4月26日に発売する。