ソニーオリンパスは、医療機器事業を手がける合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」を設立した。2012年9月に結んだ資本/業務提携に基づく取り組みの一環である。

ソニーとオリンパスが医療機器の合弁会社設立、4K/3D 内視鏡や手術室向け医療/映像機器を
ソニー・オリンパスメディカルソリューションズのロゴ

新会社のソニー・オリンパスメディカルソリューションズは、ソニーが持つデジタル画像/映像処理技術と、オリンパスの光学技術および医療機器技術を組み合わせ、外科用の内視鏡と関連システム、手術室など向け医療/映像機器といった医療ソリューションの開発/設計/製造/販売を世界展開する計画。具体的には、4K 以上の解像度や3次元(3D)映像に対応する内視鏡といったシステムを想定している。

資本金は5,000万円。出資比率は、ソニーが51%、オリンパスが49%。