アイオイクスは、同社が運営するウェブマーケティング情報サイト「SEO Japan」において、米国におけるネット選挙運動の歴史や情報をまとめたインフォグラフィックを公開した。

米国のネット選挙運動の歴史をまとめたインフォグラフィック公開
米国のネット選挙運動の歴史をまとめたインフォグラフィック公開

米国で大統領選挙運動に初めて電子メールが使われたのは、21年前の1992年。今日では、電子メールやウェブサイトはもちろん、ツイッターやフェイスブック、ユーチューブなどのソーシャルメディアを活用した選挙キャンペーンは当たり前となっている。特に2008年、2012年の大統領選挙では、オバマ陣営による高度なデータ解析と効果的なウェブマーケティングが世界中で話題となった。

今回公開したインフォグラフィックでは、こういった1992年から2012年までのネット選挙運動に関する情報を、グラフやイラストを使用して1枚にまとめている。

2008年の大統領選に関する箇所
2008年の大統領選に関する箇所

日本ではネット選挙法案が4月中にも成立、2013年7月の参議院選挙から導入されるとみられている。

同社は、「米国のネット選挙運動の歴史や現状について知ると共に、日本でも今後より議論が活発になるであろうネット選挙運動について考える参考リソースの1つになればと考えています」と述べている。