BASE は、同社の EC 店舗作成サービス「BASE(ベイス)」を利用するネットショップ開店セミナー「BASE 出店セミナー in 東北」の参加者と、6月に開設予定の特設サイト「東北復興夏市場」への出店者を募集開始した。セミナー開催日は4月27日で、申し込み受付けは4月17日まで。出店者募集は東北被災地の BASE 利用者を対象に、5月15日まで受付ける。

BASE は、初期費用や月額利用料の負担がなく、無料でネットショップを作ることができるEC 作成サービス。昨年11月にリリースされ、2013年1月には利用店舗が1万件を突破。取扱い商品総額は3億円以上という。クレジットカード決済機能付きのネットショップが30秒という短時間で作成できる手軽さが好評で、クリエイターや農業経営者などの個人事業主を中心に出店者が拡大しているようだ。

無料ネットショップ作成サービス「BASE」、「BASE 出店セミナー in 東北」参加者と「東北復興夏市場」出店者を募集開始
「BASE」なら誰でも簡単に、無料でネットショップを開店できる

今回の出店セミナーでは、BASE でのネットショップ開店と、その運用方法などを説明する。「ヤフー石巻復興ベース」(宮城県石巻市)で開催し、実際に石巻から BASE を利用して牡蠣を販売している阿部貴俊さんの商品試食会なども行う予定。事例を交えたり、その場で参加者が EC サイトを作成したりしながら、新規開店をサポートしていくという。

また、6月には、被災地の BASE 出店者を無料で PR する特設サイト「東北復興夏市場」をリリース予定。同サイトは、今年3月にも「東北復興春市場」として開設しており、第2弾として掲載店舗の規模を拡大する。現在 BASE で出店中で、茨城県/岩手県/福島県/宮城県内において被災した団体などを対象に出店者を募集している。

3月に開設された「東北復興春市場」
3月に開設された「東北復興春市場」