FSFE(Free Software Foundation Europe)などによると、Microsoft は「Windows Messenger」サービスを4月8日に停止し、ユーザーはすべて Skype に移されるそうだが、FSFE では、Windows Messenger ユーザーに対し、Skype ではなく OSS のインスタントメッセンジャー「Jabber」を推奨している。

Jabber は、OSS のインスタントメッセンジャーのプロトコル、クライアント、サーバーの総称でもあり、XMPP がベースになっており、その仕様はすべて公開されている。

FSFE の Matthias Kirschner 氏は、以下のようにコメントしている。

「重要な技術は一企業にコントロールされるべきではなく、インターネットを偉大なものにしたオープンスタンダードを頼りにすべきだ。MSN ユーザーは、XMPP プロトコルのようなオープンスタンダード技術やフリーソフトウェアチャットプログラムに切り替えるべきだ」

XMPP(Extensible Messaging and Presence Protocol:以前は Jabber と呼ばれていた)はインターネット全体に広くデプロイされている標準で、閉ざされた秘密ではなく、多くのステークホルダーを持つ独立した事業団体が管理している。

Skype からの自由を―FSFE が Windows Messenger の停止で Jabber への移行を呼びかけ
XMPP Standard Foundation ページ