米国 comScore は2013年4月4日、米国スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。それによると、端末メーカー別の市場シェア1位は米国 Apple(38.9%)、プラットフォーム別1位は Android(米国 Google 製、51.7%)で、いずれも変わっていない。今回の調査は2012年12月から2013年2月の3か月間、13歳以上のスマートフォン利用者を対象に行ったもの。

端末メーカー別シェア順位は、1位が Apple の38.9%(2012年9月から11月の調査に比べポイント3.9増)、2位が韓国 Samsung Electronics の21.3%(同ポイント1.0増)、3位が台湾 HTC の9.3%(同ポイント1.7減)、4位が米国 Motorola の8.4%(同ポイント1.1減)、5位が韓国 LG Electronics の6.8%(同ポイント0.2減)。Apple だけが着実にシェアを伸ばしている。

ただし、1月に発表した旧調査(2012年9月から11月)までは、端末メーカーの集計に携帯電話を含めていたため、今回の結果と2012年9月から11月の調査結果にもとづく記事を直接比較することはできない。

米国スマホ市場、Android のシェアが減少気味、伸びはここまでか?
端末メーカー別シェア
(comScore のデータから作成)

プラットフォーム別シェア順位は2011年4月から6月の調査以来同じで、Google の51.7%(2012年9月から11月の調査に比べ2.0ポイント減)、Apple 製 iOS の38.9%(同3.9ポイント増)、カナダ Blackberry の5.4%(同1.9ポイント減)、米国 Microsoft の3.2%(同0.2ポイント増)、フィンランド Nokia 製 Symbian の0.5%(同±0.0ポイント)という順番。

Android のシェアがこのところ減少傾向にある。一方の iOS は増加が止まらず続いている。

スマートフォン プラットフォーム別シェア
スマートフォン プラットフォーム別シェア
(comScore のデータから作成)

なお、米国にはスマートフォン利用者が1億3,370万人(2012年9月から11月の調査に比べ8%増)いるという。これは携帯電話を含めたモバイル端末利用者数の57%に相当する。