パナソニックは、これまで携帯電話の端末開発と基地局事業を担当していた傘下企業「パナソニック モバイルコミュニケーションズ(旧 PMC)」を分割・再編し、端末事業に集中特化する新会社「パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(新 PMC)」を4月1日に設立した。

新 PMC は、旧 PMC から携帯電話端末事業と基地局事業を分割し、端末事業に集中特化する。これにより、モバイル業界の変化に迅速に対応できる専門体制を整え、事業の維持・拡大を図っていくという。なお、新 PMC の代表取締役社長は、旧 PMC の星敏典氏が継投就任する。

また、分離する基地局事業は、3月1日に発足したソリューション事業のグローバル拡大を目指す新会社「パナソニック システムネットワークス株式会社」が吸収し、開発力の向上と経営体質の強化を図る。

パナソニック、「パナソニック モバイルコミュニケーションズ」を携帯電話端末事業に特化した新会社へ
4月1日付 組織図

なお、携帯電話端末事業と基地局事業の分割実施後の旧 PMC は、パナソニック株式会社に吸収合併する。

旧 PMC は、1月にスマートフォンブランド「ELUGA(エルーガ)」の最新モデル「docomo NEXT series ELUGA X P-02E」を NTT ドコモより発売しており、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia Z 」に次ぐ好調な売れ行きとなっている。一方で、パナソニックが携帯電話端末事業の売却を検討しているとの報道もあり、今後の事業改革に注目が集まっている。