プリンシプルは、伝統工芸技術「螺鈿(らでん)」を駆使して制作した越前塗の iPhone 5 ケース「ハローキティ 螺鈿(らでん) iPhone ケース」を、4月6日より販売する。

日本の伝統工芸とハローキティがコラボした、螺鈿の iPhone 5 ケース発売!
越前塗の本体に螺鈿細工をほどこした「ハローキティ 螺鈿(らでん)iPhone ケース」

「螺鈿」とは、貝殻の内側にある虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆で塗られた表面に手作業で丁寧にはめ込む手法のこと。同商品では、約1,500年の歴史を持つ越前塗を使用した iPhone ケース本体に、螺鈿細工をほどこしている。

近年減少傾向をたどる日本の伝統工芸品業界の再生、また海外マーケットへ向けて高品質でデザイン性に優れた“Made in JAPAN”の商品を普及させる事を目的としており、越前漆器株式会社の制作で実現した。You Tube には、制作の工程を記録した動画も公開されている。

職人の手により、ひとつひとつ制作している
職人の手により、ひとつひとつ制作している

販売は、米国サンフランシスコに新たにオープンした“Made in JAPAN”のセレクトショップ「KUSUYAMA」および「KUSUYAMA STORE」を中心に、日本国内、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインなどの世界中で行う。デザインや仕上げによって価格が変わり、199ドル〜(1万8,000円〜)を予定している。職人の手作りで制作するため、注文から手元に届くまで3週間ほどかかるとのことだ。