日本電信電話日本放送協会NTT レゾナントは、大規模災害時に各通信キャリアの災害用伝言板や報道機関、各種企業・団体が保有する安否情報をまとめて検索・確認できる共同 Web サイト「J-anpi 〜安否情報まとめて検索〜」(以下、J-anpi)の連携先に、東京都や千葉市などの自治体をはじめ大学や商工会議所を追加した、と発表した。

J-anpi は、災害時などの安否情報をまとめて検索・確認できる Web サイト。2012年10月1日に公開した。公開当初は、10社と連携し12種類の情報(東日本電信電話、西日本電信電話、NTT ドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムの災害用伝言板の情報および大規模災害時に、日本放送協会、東日本電信電話、西日本電信電話、日本郵便などが収集した安否に関する情報)が一括で検索できた。

安否情報まとめサイト「J-anpi」、自治体や大学などと連携開始
J-anpi 検索画面例

J-anpi 検索結果画面例
J-anpi 検索結果画面例

今回新たに連携するのは、自治体(東京都、千葉市、兵庫県猪名川町)、教育機関(静岡県立大学)、商工会議所(名古屋商工会議所)など。連携拡大により、新たに自治体がまとめる避難者名簿、大学が持つ学生の安否情報、商工会議所が持つ会員企業の従業員・家族の安否情報などの検索・確認ができるようになる。

J-anpi と各企業・団体との連携状況
J-anpi と各企業・団体との連携状況

日本電信電話、日本放送協会、NTT レゾナントは今後も、連携する自治体や報道機関、各種企業・団体を広く募り、検索・確認できる情報をさらに充実させる意向。