LINE旧:NHN Japan) は、同社が運営する無料メッセージ/通話サービス「LINE」において、商品と LINE 内で使えるスタンプをコラボレーションして配布する企業向け新サービス「LINE マストバイ」の提供を開始した。第一弾として、日本コカ・コーラが飲料「爽健美茶」のマーケティングに利用している。

LINE、企業向け新ブランディングサービス「LINE マストバイ」を開始−第一弾は「爽健美茶」のコラボスタンプ
「LINE マストバイ」、第一弾は爽健美茶とのコラボ
(出典:爽健美茶公式サイト)

LINE マストバイは、企業の商品購入者のみを対象に、オリジナルスタンプを配付することができるサービス。ユーザーは、対象となる商品を購入後、商品パッケージに記載されているシリアルコードを特設サイト上で入力することにより、オリジナルスタンプを無料で入手/利用できる。

参画企業側には、自社商品の販売促進ツールとしてスタンプを活用できるだけでなく、スタンプが LINE のユーザー間で流通することで、ブランド認知度のアップや企業・商品イメージの向上といったメリットがある。

今回は第一弾として、爽健美茶の購入者を対象に、講談社の人気漫画4作品「モテキ」「海月姫」「GTO」「おおきく振りかぶって」と爽健美茶とのコラボレーションスタンプを5月5日まで提供する。「GTO」に登場する鬼塚先生などのメインキャラクタが爽健美茶を持ったスタンプが新鮮だ。なお、爽健美茶は今春商品リニューアルを企画しており、製品の味を決める国民投票への参加促進にも効果があると見込む。

講談社人気タイトル4作品と爽健美茶のコラボ!
講談社人気タイトル4作品と爽健美茶のコラボスタンプを提供

LINE は、今回の取り組みを皮切りに、他の企業との取り組みも今後拡大していくという。企業の新しいブランディング方法として、今後のコラボ内容などにも注目したい。