ビーブレイクシステムズは、従来の海外拠点管理では別々に存在していたグローバル情報共有、購買管理、会計データ連携、連結会計支援システムをオールインワンにした海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」の販売を開始した。現地での収益確保が最優先の海外拠点では二の次になっていた、管理や内部統制に役立つという。

ビーブレイク、海外拠点の財務状況などを把握できる海外拠点統合管理システム GLOBAL EYES を SaaS 型で販売開始
全体イメージ

GLOBAL EYES は、海外に拠点を持つグローバル企業の国内本社が、各拠点のローカル会計システムより、現地言語、現地通貨で処理された会計データ(仕訳伝票)を取り込むことで、拠点の財務状況を把握(残高試算表から総勘定元帳、個別伝票へのドリルダウン)できるようになる。

また、海外拠点が物品などの購買をする際に本社に対して行う購買申請や、海外拠点における重要稟議の本社側でのレビューや監査、文書やスケジュールなどの業務情報共有が可能となる。言語や通貨、各国の日付や金額のフォーマット、タイムゾーンに対応して、世界各地から同一情報にアクセスできるようになる。

ビーブレイク、海外拠点の財務状況などを把握できる海外拠点統合管理システム GLOBAL EYES を SaaS 型で販売開始
システム構築イメージ

SaaS で販売する月額課金方式なので、初期費用を安く抑え、Web ブラウザのみの使用でクライアントアプリの配布も不要なため、業務プロセスの変更が少なく、低コスト、低リスクで導入できる。