バッファローは、デジタルフォトアルバム「おもいでばこ」の「PD-100S-L」および「PD-100S」を、新ソフトウェア(Ver.1.10)へアップデートした。写真/動画の保存可能枚数を大幅に拡大し、目的の画像を素早く閲覧できるよう表示速度や操作性を向上している。

おもいでばこは、デジタルカメラ/スマートフォンなどから取り込んだ写真や動画を、時系列で自動的に整理してくれるデジタルフォトアルバム。HDMI ケーブルを使ってデジタルテレビに接続し、家族や友人と大画面で気軽に楽しむことができる。

バッファロー、「おもいでばこ」ソフトウェアをアップデート、写真保存枚数を12万枚に倍増
「おもいでばこ」製品画像

「おもいでばこ」内の画像は、大画面で共有できる
「おもいでばこ」内の画像は、大画面で共有できる

今回のアップデートでは、1TB モデルの PD-100S-L で、写真/動画の最大取り込み数を従来比2倍の12万コンテンツまで引き上げた。500GB モデルの PD-100S でも、従来比1.2倍の7万2,000コンテンツになっている(1,600万画素カメラで撮影した場合)。

また、画面表示速度を従来比の最大20%まで高速化し、一覧画面などでの全画像表示に対応した。これまでは最大でも「年単位」で登録された中から画像を探す必要があったが、目的の画像をおもいでばこ全体から探しやすくなった。

アップデートは、インターネットに接続したおもいでばこから直接実行するか、パソコンでアップデートファイルをダウンロードし USB 経由で行う。