日本マイクロソフトは、大阪府教育委員会との連携し、病気やけがなどで長期にわたり登校が困難な府立高等学校の生徒を対象に、在籍するクラスの授業を自宅や病院から受けられるようにする、遠隔授業サポートシステムの提供を開始する。

日本マイクロソフトの教育機関向けクラウドサービス「Microsoft Office 365 Education」を活用し、生徒は療養中の自宅や入院中の病院の PC 上で、学校と同じ授業に参加できるようになる。こうした遠隔授業サポートシステムの導入は、国内初となる。

大阪府教育委員会と日本マイクロソフトは、病気で登校が困難な府立高校の生徒の要望を受け、2012年9月から府内の1つの高校で、Office 365 Education に含まれる Web 会議システム「Microsoft Lync Online」を活用した遠隔授業サポートシステムの試験導入と検証してきた。

その結果、病気やけがなどで登校が困難な府立高校在籍の生徒のうち、就学の意思を強く持ち学習意欲がある生徒を対象に、導入を決定した。なお、利用希望者には、日本マイクロソフトがまとめたマニュアルが提供される。

授業の様子を録画できることから、体調不良で授業に参加できなかった生徒が、録画した授業で学ぶなど、遠隔授業以外にも今後さまざまな用途での活用が期待されるという。