2013年3月中旬、新ローマ法王を選出するコンクラーベ、そしてその就任式典が開催され、多くの注目を集めたが、Trend Lsbs では、このイベントに便乗したスパムメールを確認したそうだ。

これらのスパムメールのメッセージは、新法王やカトリック教会をめぐる議論を利用し、受信者の好奇心をあおるものだが、このメールが本物であるとユーザーに思い込ませるために、米国大手メディア「CNN」から送信されたように装っていた。

サイバー犯罪者、新ローマ法王をスパムメールで祝福
サイバー犯罪者、新ローマ法王をスパムメールで祝福

新法王はフランシスコのはずだが、以下のスパムメールでは、新法王の名前ではなく前任の法王名「ベネディクト」と称している。
 
前法王名が記載されたスパムメール
前法王名が記載されたスパムメール