大阪の日本デジタルオフィスは、日本マイクロソフトと協力して開発した、スマートフォン、PC、タブレット向けのコミュニケーションツール「coco-do」(ココ ドゥー)の日本語版と英語版の無償提供を開始した。coco-do は、2011年3月18日より提供している、ボイス対応被災時緊急連絡用アプリ「J!ResQ」(ジェイ レスキュー)の最新版で、用途や機能の拡充に合わせて今回名称を変更した。

日本マイクロソフトと開発した災害緊急連絡ツールを無償で提供
災害時緊急連絡対応コミュニケーションツール「coco-do」を無償で提供

J!ResQ は、東日本大震災直後に日本マイクロソフトと開発したもの。地震などの災害発生時に初めて利用するユーザーが多いことから、災害時にスムーズに操作し活用するのが難しいという課題があった。そこで、J!ResQ を再設計し、LINE や Facebook などの SNS と連携するコミュニケーションツールとして日常的に利用でき、災害時には安否情報の発信・確認に活用できるツールとして coco-do を開発した。

coco-do は、スマートフォンや PC、タブレットなどの機器で、地図や Web サイト、写真を手書きやペンで加工し、音声を付加して、SNS に投稿したり、メールで送信ができる。J!ResQ では音声と所在情報だけだったが、coco-do では、地図やWebサイト、写真に書き込める機能と SNS への投稿機能を強化し、ユーザーが日々のコミュニケーションツールとして利用できるようにした。

また、coco-do が送信した位置情報と音声のデータは、日本マイクロソフトのクラウドサービスである Windows Azure に蓄積されるため、予めグループ登録を行うことで、家族や友人の投稿履歴を地図上に表示する機能なども利用できる。