ヤフーは、自社の運営するポータルサイト「Yahoo! JAPAN」内に、宅配便で物品を買取りする新サービス「Yahoo!買取」の専用ページを公開した。まずはリユース市場での需要が大きい「ブランド品/ファッション」「ケータイ/カメラ/ゲーム」「本/音楽ソフト/映像ソフト」カテゴリの取り扱いを開始する。

同サービスでは、ブランド品、本、デジカメなど、ユーザーが不要になった中古品や新古品を宅配便を使って買取りし、その商品をオークションサイト「Yahoo!オークション」や EC ショッピングモールの「Yahoo!ショッピング」で再流通させる。

ヤフー、新規事業として宅配買取サービス「Yahoo!買取」を開始
「Yahoo!買取」専用ページ

利用方法は、専用ページから買取の申し込み後、買取希望商品を宅配便(着払い)で配送。商品価格が査定され、承諾すると査定料金が振り込まれる仕組みだ。実際に売却する際は、「Yahoo!JAPAN ID」と「Yahoo!ウォレット」の登録が必要。

今回のサービス開始に当たっては、ブランド品宅配買取サービス「ブランディア」を運営するデファクトスタンダード、デジタル機器専門店のソフマップ、書籍やDVDの買取をメインに行っているネットオフの3社と、買取事業に関する業務委託契約を締結している。

ヤフーは、3月上旬に Yahoo!ショッピングでの中古品の取扱いを開始しており、リユース市場の活性化に積極的取り組んでいる。Yahoo!買取は、今後も対象カテゴリを拡大していくという。