ミクシィは、新規事業として、広告主/広告会社向けオンライン広告取引プラットフォーム「Vantage(ヴァンテージ)」を、スマートフォンで提供すると発表した。同ツールは、SNS「mixi」のユーザー属性データを活かしたターゲティング広告の配信を特徴とする。広告の配信は2013年春に開始予定。

Vantage は、オンライン広告において最適な自動入札取引/広告配信を行う、Demand Side Platform(DSP)ツール。mixi 内のユーザー情報や趣味嗜好データなどを活用したターゲティング配信が可能で、mixi 内に留まらず、訴求プロモーションに合わせ最適な複数のメディア(媒体)への広告配信を自動で識別する。また、既訪ユーザーや会員に限定したリターゲティング広告も配信することができる。その際 mixi ユーザーの個人情報は特定されず、配信を望まないユーザー向けにオプトアウト機能も提供する。

ミクシィ、広告主/広告会社向けのオンライン広告取引プラットフォーム 「Vantage(ヴァンテージ)」をスマホで提供開始
「Vantage」の仕組み

広告枠の獲得には「Real Time Bidding(RTB)入札」システムを採用。1インプレッションごとに、掲載面やユーザー属性などの条件を考慮して入札取引の判断を行う。広告主にとって費用対効果が最も高いとされる入札価格が自動的に判断される。

開始に向け、今後は PC版/スマートフォンアプリ版での配信や、機能の追加を進めていく。