国立天文台富士通グループは共同で、南米・チリで進められている大型電波望遠鏡アルマ(正式名称:アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計、以下:アルマ)のプロジェクトにおいて、専用スーパーコンピュータ「ACA 相関器システム」を開発し、稼働を開始した。

アルマは、北アメリカ、ヨーロッパ、国立天文台が主導する東アジアが協力し、チリの標高5,000メートルの高原に建設した世界最高の解像度の天体電波画像を得ることができる大型電波望遠鏡。解像性能は、すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡の約10倍で、光(可視光)では見えない宇宙空間の様々な様子を画像化することができるという。

山手線の内側と同程度の規模である、直径約18.5キロメートルの敷地に、パラボラアンテナを66台配置し、アンテナから受信した、ミリ波(電波の中で1〜10ミリメートルの波長帯)・サブミリ波(同:1ミリメートル以下の波長帯)の信号を計算機で処理。最大直径18.5キロメートルの巨大なパラボラアンテナを使った場合と同等の高画質な電波画像を合成できる。

大型電波望遠鏡「アルマ」のスパコンが稼働開始--国立天文台と富士通が開発
アルマ望遠鏡 完成予想図

日本は「ACA」と呼ばれる高精度の干渉計システムを構成する直径12メートルのアンテナ4台と直径7メートルのアンテナ12台、サブミリ波を中心とする3種類の受信機、相関器などを担当。

中でも、国立天文台と富士通が共同で開発した「ACA 相関器システム」は、富士通の PC サーバ「PRIMERGY」35台と専用計算機で構成。望遠鏡のアンテナが受信する毎秒5,120億個の電波信号データを、毎秒120兆回の計算速度でリアルタイムに処理する性能を持ち、16台のアンテナ群が受信する大量の信号のデータ処理を目指す。施設は標高5,000メートル、0.5気圧という過酷な環境だが、安定した動作が可能だという。

ACA 相関器システム
ACA 相関器システム

国立天文台アルマ室長の井口聖教授は、「アルマ望遠鏡による観測で、銀河がどのように生まれ進化してきたのか、太陽系のように惑星を持つ惑星系はどのようにして生まれるのか、さらには生命の起源は宇宙にあるのか、といった謎に迫れることを期待している」とし、「ACA 相関器システム」のデータ処理が電波天文学の研究には不可欠だとしている。