公開の終わった映画などの映画館上映をリクエストできるサービス「ドリパス」の運営会社であるブルームは、同社の全株式をヤフーに売却してヤフーグループに入った。

“映画館オンデマンド サービス”「ドリパス」の運営会社ブルーム、全株式売却でヤフー入り
映画館オンデマンド サービス「ドリパス」

ドリパスは、映画館で上映してもらいたい映画をリクエストできるるサービス。ブルームは「世界初の映画館オンデマンド サービス」と称している。リクエスト順位の上位に入った映画は、ドリパスが権利元と交渉を行い、交渉成立後に上映に向けてのチケットを販売する。そして、チケット販売数が一定数を超えれば実際に映画を上映するというもの。「たのみこむ」の映画館版といえるサービスだ。

サービスの仕組み
サービスの仕組み

今後もドリパスはサービスを継続させるとともに、ヤフー グループとの業務連携を強化する。そしてエンターテインメント領域において、オンライン サービスから映画館というオフライン環境へ送客する O2O(Online to Offline)事業を推進させる考え。