ナビタイムジャパンは、3月16日の東京急行(東急)東横線渋谷駅地下化に合わせ、同社が提供するナビゲーションサービスでの即日対応を発表した。同駅の構内ルート図や乗換に便利な車両位置、乗換時間など最新の運行状況を、3月16日以降用のルート検索結果に反映する。

NAVITIME が東横線渋谷駅地下化に即日対応−当日の乗換も安心!
3月16日以降のルート検索結果画面(右)は、既に新ルートを反映している

3月16日に反映される渋谷駅構内ルート図
3月16日に反映される渋谷駅構内ルート図(一部)

対応サービスは「NAVITIME」「乗換NAVITIME」、KDDI と協業で提供中の歩行者向けナビゲーションサービス「au ナビウォーク」「EZ ナビウォーク」。

東急は、渋谷を起点に東横線の渋谷駅から代官山駅間の約1.4km区間を地下化し、渋谷駅で東京メトロ副都心線と相互直通運転する。 今回の地下化によって、東武東上線/西武池袋線から東京メトロ有楽町線/副都心線を経て、東急東横線と横浜高速鉄道みなとみらい線まで6社の路線が繋がり、広域鉄道ネットワークが形成される。

新路線図
新路線図
(出典:東京急行)