ミクシィは、大規模災害発生時に役立つポータルページを、本日より SNS「mixi」上で提供開始する。同ページでは、阪神大震災/東日本大震災クラスの大きな災害が発生した際に、震災関連の mixi コミュニティや各携帯電話キャリアの災害伝言板などを掲載する。

ミクシィ、大規模災害発生時に役立つポータルページを mixi で提供開始
ポータルページのイメージ(スマホ)

同社は既に、日本国内で震度5弱以上の地震が発生した場合、mixi 対応の全デバイス(スマートフォン/フィーチャーフォン/PC)の トップページにて、震源地や地震の規模、震度などの災害情報を掲載している。東日本大震災の発生時に mixi が情報交換や簡易的な安否確認に利用されたことを受けて、2012年9月に開始したもの。

「東日本大震災」発生時における「mixi」の利用状況のまとめ
「東日本大震災」発生時における「mixi」の利用状況のまとめ
(出典:災害時の「mixi」利用案内 http://mixi.co.jp/saigai/)

なお、ミクシィは2011年11月に、米国 Twitter の日本法人との提携を発表。コミュニケーション/情報取得手段としての利点を双方に活かし、通常の利用はもちろん、災害時に役立つようなサービスについても連携を図っている。