日本マイクロソフトによると、大阪のカネカが、ワークスタイル確信の一環として社内の情報共有基盤を 「Microsoft Office 365」 に移行した。Exchange Online、SharePoint Online、Lync Online、Lync Server 2010 の採用で業務効率を向上、コストを削減、ワークスタイルを革新する。

カネカ、社内の情報協基盤を Microsoft Office 365 へ
Office 365

カネカはメールシステム、Notes Domino の老朽化によるメール容量負荷や運用コストの増加、携帯電話の通信料増加や TV 会議の運用に課題を抱えていた。大阪本社のオフィス移転を機に、IT ツールの環境整備に取り組み、Office 365 を導入、情報共有基盤をクラウド化する。