キヤノンマーケティングジャパン(キヤノン MJ)は、中小規模オフィス向け IT 支援サービス「HOME」の機能を拡充する。具体的には、クラウド型の新ストレージ サービス「HOME-BOX2」を提供するとともに、IT 資産管理サービス「HOME-MANAGER」をバージョンアップし、4月上旬に提供開始予定。新設定の「HOME クラウドストレージパック(type-S)」として、税別月額2,000円(5 ユーザー ID、10GB)からで販売していく。ただし、利用には「スターティングパック(HOME type-S)」(1個当たり税別 5,000円)の購入が必要。

HOME は、中小オフィスを対象として、ストレージやポータルなどの IT 機能を月額課金型ワンストップ サービスとして提供するもの。そのうち HOME-BOX2 は、クラウド環境に電子データを保存して共有できるストレージ サービスで、複合機「imageRUNNER ADVANCE」、文書ソリューション「imageWARE Desktop」、複合機向け機能拡張プラットフォーム「MEAP ADVANCE」(関連記事)との連携が可能。例えば、複合機でスキャンした紙文書や受信したファクシミリ文書を電子化してクラウド ストレージに保存し、共有したり、外出先からスマートフォンなどで閲覧/編集したりできる。

キヤノン MJ、中小オフィス向けクラウド サービス「HOME」を拡充
HOME-BOX2

また HOME-MANAGER は、ネットワークに接続されたパソコンや複合機などを自動検出し、資産管理を支援するための機能。パソコンやルーターなどを検出して、ネットワーク マップを自動生成できる。今回のバージョンアップにより、キヤノン製以外も含め、複合機の消耗品残量やカウンター枚数などの情報が把握可能となった。さらに、iOS/Android スマートフォンなどを管理するモバイル デバイス管理(MDM)機能も搭載。MDM 機能の1台当たりの月額料金は、基本サービスが300円、インターネット接続管理オプションが200円、バックアップ オプションが200円。

今後、オプションサービスのラインアップを拡充し、モバイル デバイス向け文書管理ソリューション「Smart Browse Print V2.0」(関連記事)、クラウド名刺管理サービス「アルテマブルー」、安否確認サービス、リモート バックアップ サービス「AOS BOX」などを追加していく予定。

なお、キヤノン MJは2013年から2015年を対象とする中期経営計画のなかでドキュメント ビジネス収益力向上を目指しており、その一環として「新たなストック型ビジネスの創出」という目標を掲げている。今回の HOME 拡充も、その方針に沿った対応だ。

HOME で提供する各種サービス
HOME で提供する各種サービス