日本マイクロソフトは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、情報基盤の強化を目的に「新 Office 365」の採用を決定したことを発表した。

情報インフラとしてクラウドサービスを選ぶ利点は、導入やカスタマイズ、運用管理のリソースやコストが低いことだ。特に新 Office 365 は社内システムとの親和性が高く、企業ユースに特化した SNS 機能を標準搭載しており、コミュニケーションや必要な情報へのアクセスが容易になる。

CCC はこのシステムの導入で、より戦略的なシステム企画へ社内リソースを集中し、社員の企画力の強化を期待している。