シャープは、電子コンテンツストア「GALAPAGOS STORE」で EPUB3 形式の電子書籍の提供を始めた。まず、集英社小学館のコンテンツを提供開始。その後、早川書房などほかの出版社の EPUB3 コンテンツも順次提供していく。EPUB3 コンテンツは、同社が GALAPAGOS STORE 用に提供している標準アプリケーションで閲覧可能。

EPUB3 は、電子書籍の標準化団体である国際電子出版フォーラム(IDPF:International Digital Publishing Forum)が推進している、オープンな国際規格。これまで、シャープは GALAPAGOS STORE で独自仕様の「XMDF」(関連記事)およびボイジャーの「ドットブック(.book)」(関連記事1関連記事2)という形式によるコンテンツを提供してきた。EPUB3 コンテンツの増加が見込まれることから、対応を決めたそうだ。

また シャープは、XMDF/EPUB3 の両形式に対応する電子書籍ビューアと著作権管理技術などのソリューションを、社外にも提供していく。これにより、XMDF ビューア採用済みの事業者は EPUB3 コンテンツの提供も可能となり、XMDF および EPUB3 のコンテンツを効率的に提供できるという。
 
シャープ、「GALAPAGOS STORE」で EPUB3 電子書籍を提供開始
GALAPAGOS STORE が EPUB3 に対応
(出典:シャープ)