日本マイクロソフトによると、ブックオフコーポレーション(ブックオフ)が、社内情報共有基盤をクラウドで統合するため、「Office 365」に移行した。

Office 365 は、クラウド ベースのオンライン スイート。

ブックオフは、中古書籍を売買する「BOOKOFF」事業などのリユース事業を展開しているが、メールシステムのメールボックス容量や機能による制約、サーバーの老朽化による運用負担の増大、社員/店舗/海外でシステムが分断されていることなど、課題を抱えていた。

情報共有基盤を Office 365 でクラウド化したことで、大容量のメールボックスが安価に手に入り、また、社員はどこからでも情報にアクセスできる環境が整った。

今後は、Windows 8 搭載タブレットやスマートフォンの採用も検討しているという。

日本マイクロソフトはまた、保険代理店窓口のセンタートキオ、i6 コンサルティング グループ、税理士法人ほはば、きのこ種菌メーカーの北研、ステーキハウス神楽、屋根部品メーカーのサカタ製作所など、Office 365 の中堅中小企業導入の新たな事例も発表している。

ブックオフも Office 365、中堅中小で移行が進む
「Office 365」Web ページ