北米で Nitto(ニットー)ブランドを展開する Nitto Tire U.S.A. Inc. は、同社が運営する Facebook ページの登録ユーザー数が300万人を超えたと発表した。

Nitto Tire U.S.A. Inc. の Facebook ページは、今年2月に300万人を突破。直近4か月では純増100万人の伸びを見せた。300万人は、自動車業界のグローバルで首位をマークする BMW のページ(約1,200万)には及ばないものの、Honda や Jeep などを差し置いて総合11位に食い込む。

同 Facebook ページは、カーマニアを刺激する映像の投稿や、コンテストの開催を定期的に行うのが特徴。また、Facebook ページに寄せられたファンの声は商品づくりにフィードバックするなどもしている。なお、「いいね!」やコメントなどのファンによる反応(エンゲージメント率)は、競合ブランドが2〜3%台なのに対して10%台を記録するという。

Nitto Tire の Facebook ページの投稿例
Nitto Tire の Facebook ページの投稿例

また Nitto Tire U.S.A. Inc. は、今回の300万人突破を記念し、米国における Nitto ブランドの歴史を描いた無料コミックを配布していた。同社は日本のタイヤメーカーとして1960年代にアメリカへ進出するも、1990年代初めに販売量が激減。しかし、現社長の水谷友重氏の発想力や地道な努力により復活を遂げる。同コミックは、これらの秘話が収められていた。

なお、同コミックは提供開始から4日で上限に達したため配布を終了。しかし好評だったため、電子版での配布を後日予定しているという。