ウェザーニューズは2月20日、西・東日本の各地で花粉飛散数が増加し、本日以降も飛散数が増える見通しであることから、東京都を含む1都7県が「本格花粉シーズン」に突入したと発表した。西日本・東日本では、花粉の飛散量が今後さらに増加する見通しだとしている。

<速報>東京都が本日、「本格花粉シーズン」突入!―大阪府、愛知県を含む2府11県では「花粉シーズン」突入へ
東京都を含む1都7県が「本格花粉シーズン」に突入(出典:ウェザーニューズ)

同社は東京都内29か所(総数98か所)の観測地点において2月20日に、花粉症の症状が出始める花粉飛散量を超えると予想。また、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、山口県、宮崎県でも同レベルの飛散量に達する予想であるため、本日、東京都を含む1都7県が「本格花粉シーズン」に突入したと発表した。

同社によれば、先週末には、福岡県、長崎県、熊本県、大分県でいち早く「本格花粉シーズン」に突入したという。また、大阪府、愛知県、岐阜県、長野県、三重県、滋賀県、京都県、兵庫県、島根県、鳥取県、香川県、宮城県、福島県では、敏感な方に症状が出始める「花粉シーズン」に突入したとしている。

関東地方の本格飛散開始は、昨年より数日(4から7日程度)早いものの、ほぼ平年(過去5年の平均)並みだという。近畿地方の飛散開始は昨シーズンよりは一週間程度早いが、平年とほぼ同時期。九州での本格飛散開始は昨シーズンより一週間程度、平年よりも数日(3〜7日程度)早くなっているとしている。

3月に入ると寒さは一段と緩み、西〜東日本の広いエリアでスギ花粉の飛散ピークを迎える見通し。今年の花粉の飛散量は、昨シーズンより多くなる所が多く、東北地方を中心として、大量飛散となった2011年シーズンと同程度となる可能性もある。

花粉の飛散情報と各地の本格花粉シーズン突入時期については、同社のスマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」、および携帯サイトで確認されたい。