米国 Microsoft は、同社オフィススイートの最新版「Office 2013」で新たなライセンス方式を導入した。このライセンスのもとでは、Office 2013 は1台の PC に対してしかインストールできない。利用者が HDD の破損などで Windows を再インストールした場合でも、その PC へ Office 2013 を再インストールすることはできないという。専門家は今回の変更からは、顧客を Office 365 へ移行させたい Microsoft の意図が伺えるとしている。

ReadWrite はこの件を次のように伝えた。

「従来のタイプの Office スイートを購入するか、それとも新しいタイプのサブスクリプションサービスで提供される Office 365 を購入するかで迷っている人は、これを検討してからにしておいた方がよい。Office 2013 に対する『アップデート』は、Office 365 に対するほど頻繁には提供されない。また、Office 2013 から Office 365 に『アップグレード』することもできない。もう1つ、覚悟しておくことがある。Office 365 では、インストールした PC からライセンスを解除し、別の PC にインストールすることが自由にできる。だが Office 2013 では、ソフトウェアは1台のマシンに永久にロックされてしまうのだ」

Computerworld は、このライセンス方式の変更からは、顧客を Office 365 へと移行させたいという Microsoft の意図が伺えるとしている。

「Microsoft は2月14日、Office 2013 のライセンスは最初にインストールした1台の PC と永久に結びつけられ、その PC から Office をアンインストールし、別の PC にインストールすることはできないことを明かした。以前のライセンス契約からの大きな変更に対して専門家は、これは Microsoft が顧客、特に一般消費者を、同社の新たなサブスクリプションプランへ移行させるための方策の1つだ、と述べている」

Geek.com は、Microsoft のライセンス方式の変更は、他ベンダーによるオフィス代替製品への追い風になるだろうとしている。

「サブスクリプションプランは、万人向けのものではない。またこのプランでは、最終的には利用者が Office に対してより多くの費用を支払うことにもつながる。今回の変更は、Microsoft の代替製品にチャンスを与えるものになるだろう。Apache OpenOffice も LibreOffice も無料で、一般消費者の利用には十分な機能を持っている。また、Google も Google Apps を提供している」