カシオ計算機は、附箋紙タイプのラベル プリンタ「memopri(メモプリ)」シリーズの新製品として、パソコンと USB 接続できるうえ、無線 LAN(Wi-Fi)でパソコン/スマートフォンなどとも接続可能な「MEP-F10」を発表した。専用スマートフォン アプリケーションを使うことで、Android スマートフォンや iPhone/iPad などから直接ラベルを印刷できる。発売日は3月15日の予定。価格はオープン。

カシオ、Wi-Fi でスマホ/タブレットから直接使えるラベル プリンタ「MEP-F10」
MEP-F10

memopri は、感熱式の専用テープにメモを印刷できる電子文具。テープは附箋紙と同じように貼ったりはがしたりできる。新モデルの MEP-F10 は、Windows パソコンと USB 接続して使えるほか、Wi-Fi 経由で Android/iOS 搭載スマートフォンやタブレット端末から印刷できるようになった。

2種類の Wi-Fi 接続
2種類の Wi-Fi 接続

パソコン/スマートフォンなどのデータを利用しての印刷、同じ内容の繰り返し印刷、プリント履歴からの再印刷が可能。月日や時間を簡単に入力できるタイムスタンプ機能も備える。

サイズは幅61×奥行き118×高さ 68mm、重さは約 240g。ボディカラーは「アイスホワイト」「ネイビーブルー」の2色。

なお、スマートフォンからの接続に必要なアプリケーションは、Android 版と、iPhone/iPod touch/iPad 用の iOS 版とを製品発売に合わせて無料配信する予定。