サイボウズのスタートアップ事業専門子会社、サイボウズスタートアップス(Cstap)は、パンデミック時にも対応できる新機能を追加した「安否確認サービス バージョン3」の販売を開始した。

2011年12月から販売している「安否確認サービス」に、会社メールアドレスを持っていないパート社員や、パンデミック時にも対応できる新機能を追加した。

介護事業会社や飲食チェーンなどの企業には、会社管理のメールアドレスを持つ正社員だけでなく、パート社員なども安否確認の対象者にしたいという要望が多いという。介護事業会社の中には、独居老人の安否確認にも使用しているところがあるそうだ。

新バージョンでは、会社で管理するメールアドレスがなくても安否の登録ができるようになった。また、ノロウィルスやインフルエンザなどのパンデミックに対応できるよう、毎朝決まった時間に体温などの報告を求める事前送信予約もできるようになった。

サイボウズスタートアップス「安否確認サービス」、介護事業会社向け機能を追加
体温報告の予約送信設定画面(システム管理者向け機能)

ユーザーのスマートフォンでの送信画面
ユーザーのスマートフォンでの送信画面