大阪の通信事業会社であるケイ・オプティコムは、閉域網で利用できるセキュアなネットワークストレージサービス「クラウドストレージサービス」を4月1日から開始する。

「クラウドストレージサービス」は、大容量で高品質なストレージと回線を低価格で利用できるサービス。コントロールパネルからディスクを増設したり容量を増加できる。

データはデータセンター内の二重化された設備に保管され、データ消失のリスクを軽減。閉域網、専用線による接続でセキュリティを確保する。

重要なデータを保管するのに適した、バックアップ機能付き高信頼ストレージサービス「ファイルストレージ」と、長期保存しなければならないデータを保管するのに適した、低価格ストレージサービス「アーカイブストレージ」の2つのメニューを用意した。

また、オプションで、バックアップデータを、あらかじめ設定した任意のタイミングで別のロケーションに作成するデータバックアップ機能、ファイル書き込み時にウイルスチェックを行い、ウイルス検知時にはファイルを隔離するウイルスチェック機能、イーサネット VPN/IP-VPN 以外の回線を利用する場合でも、ポート接続機能で「クラウドストレージサービス」に接続できるポート接続機能がある。

ケイ・オプティコム、法人向け「クラウドストレージサービス」を開始
サービス概要