Michael Dell 氏は1984年、テキサス大学の学生寮で同氏の名前を冠した企業 Dell をスタートさせた。その4年後の1988年、Dell Computer Corporation は株式を公開。以降、Dell は公開企業として20年以上にわたる歩みを続けてきた。

だが米国 Dell は2013年2月5日、同社が非公開企業となることを発表した。Michael Dell 氏は、プライベートエクイティ会社 Silver Lake の協力を得て、同社を買い戻した。また、Microsoft も20億ドルを融資する。買収価格は1株当たり13.65ドル。これは、Dell 非公開化の噂が最初に伝えられた1月11日の終値である10.88ドルに対し、25%のプレミアムとなる。

Dell は今日、同社が2012年8月に株式非公開化に向けた特別委員会を組織していたことを明かした。同月、Dell は2012会計年度第2四半期の決算を発表。同社の業績がデスクトップ PC の売上不振により影響を受けていることを報告していた。

Michael Dell 氏は、声明の中で次のように述べてる。

「Dell は過去4年にわたり、新たな戦略の実現に向けて着実な前進を続けてきた。しかし、新戦略の実現には、時間も投資も忍耐も必要だ。私は、我々の努力は、我々とビジョンを共有する Silver Lake とのパートナーシップによって、より強力なサポートを得られると信じている」

株式の非公開化了後も、Michael Dell 氏が同社の CEO 兼会長として同社を率いる。本社所在地なども変更されない。買収は、Dell の2014会計年度第2四半期末までに完了の見込みだ。

Dell 非公開化で中心的な役割を果たした Silver Lake が IT 企業の買収に参加するのは、今回が初めてではない。Silver Lake は2007年、通信機器メーカー Avaya の買収に参加している。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、InternetNews.com の主任編集者。