トレンドマイクロは同社の公式 Blog で、 Windows 8 のアクティベータを無料で提供すると謳う新たな手口が出現したと発表した。2012年に Windows 8 が公開されて以降、Windows 8 用偽ライセンスキー生成ツールや Windows 8 用偽セキュリティソフト、フィッシングメールの出現が確認されているが、今回新たな手口の出現で同社はユーザーに注意を呼びかけている。

今回確認された、Windows 8 を利用する Web サイトは2つ。1つ目は偽物のアクティベータを提供するサイトで、トレンドマイクロの製品では「HKTL_KEYGEN」として検出される。インストール後、ユーザーの個人情報の記入や特定の番号への「ショートメッセージサービス(SMS)」の送信を促される。ちなみにこれは2012年にトレンドラボが報告した Windows 8 用偽ライセンスキー生成ツールと同様の手口である。

また2つ目は「Windows 8 Activator Loader Extreme Edition 2013」と呼ばれる Windows 8 のアクティベータを無料で提供すると謳っているサイト。

Windows 8 用偽ツール、「アクティベータ」に注意を
Windows 8 の偽アクティベータを提供する Webサイト

Windows 8 の偽アクティベータを提供する Webサイト2
Windows 8 の偽アクティベータを提供する Webサイト

Windows 8 などの新たな製品にまつわる不正なプログラムや、ネット上を歩き回る「無料」という言葉には十分注意してほしいと、同社は呼びかけている。