NAS ストレージの台湾 QNAP の国内最大正規輸入代理店であるフォースメディアによると、 QNAP の「TurboNAS x69Pro/L」シリーズ製品の最新バージョンファームウェア Ver.3.8.1 で、TurboNAS x69Pro/L シリーズの HDMI ポートに接続したテレビで HD 映像を直接再生できる「HD Station」機能を搭載した。

QNAP NAS 最新ファームウェア、テレビで NAS HD 映像を直接再生
テレビで HD 映像を直接再生できる「HD Station」

TurboNAS シリーズでは、これまでも、NAS に録画したビデオコンテンツを Web ブラウザで再生する機能(Multimedia Station)を搭載していた。今回は、テレビの大画面化や操作性、操作レスポンスへのニーズに応えるため、HD Station 機能を搭載また。

これまで、NAS に録画したマルチメディアコンテンツを再生するには、「ネットワークマルチメディアプレイヤー+ DLNA 対応 NAS」というスタイルが一般的だったが、HD Station では、NAS 自身をマルチメディアプレイヤー化して、NAS の HDMI ポートに直接接続した大画面テレビでコンテンツを再生できるようになった。

HD Station は Google Chrome ブラウザに対応しており、NAS に録画した映像だけでなく、 YouTube の動画再生や Web ブラウジングを大画面テレビで閲覧できる。    

背面の HDMI ポート
背面の HDMI ポート

また、HD Station は様々な操作環境に対応しており、iPhone、iPad、iPod Touch に専用の無料アプリケーション「Qremote」をインストールすると、HD Station を操作できる。 Android 対応のリモートアプリもある。オプションの IR リモコン、USB ワイヤレスキーボード&マウス、MCE(メディアセンターエディション)互換リモコンでも操作できる。

スマートフォンで操作
スマートフォンで操作

さらに従来からの DLNA サーバー機能や Multimedia Station 機能も継続し、PC やネットワークマルチメディアプレイヤーを使用して視聴することもできる。

iOS や Android に対応しているので、自宅の TurboNAS にファイルアクセスできる「Qfile」や、ストリーミングやアップロードができる「Qmobile」などの無料アプリを使って、外出先からもマルチメディアコンテンツを視聴できる。