米国 Apple は、2013会計年度第1四半期(2012年10月から12月期)の決算を2013年1月23日に発表した。売上高および純利益とも最高記録を更新し続けており、売上高が545億1,200万ドル(前年同期463億3,300万ドル)、純利益は130億7,800万ドル(同130億6,400億ドル)。希薄化後の1株当たり利益(EPS)は、当期が13.81ドル、前年同期が13.87ドルだった。

当期のハードウェア製品の販売台数は以下の通り。iPhone/iPad は引き続き好調で、当期も最高記録。前期まで横ばいを維持していた Mac は、減少してしまった。iPod は販売の落ち込みが止まらない。

・iPhone シリーズ:4,780万台(前年同期3,700万台)
・iPad シリーズ:2,290万台(前年同期1,540万台)
・Mac シリーズ:410万台(前年同期520万台)
・iPod シリーズ:1,270万台(前年同期1,540万台)

営業利益は172億1,000万ドル(前年同期は173億4,000万ドル)、粗利率は38.6%(同44.7%)。

2013会計年度第2四半期(2013年1月から3月期)の業績については、売上高を410億ドルから430億ドルの範囲、粗利率を37.5%から38.5%の範囲と見込んでいる。