先週、米国 Dell がプライベートエクイティ会社との間で、同社の非公開化をめぐる交渉を進めていると報じられた。今週、Microsoft がこれに出資する方向で交渉に参加しているという新たな報道がなされている。

Wall Street Journal はこの件を次のように伝えた。

「Microsoft はコンピューターメーカー Dell の買収協議に参加し、資金提供を検討している。この件に詳しい関係筋が明かした。Microsoft は出資を決定したわけではないが、同社が Dell 買収の投資家グループに参加する場合、その出資額は20〜30億ドル規模となると関係筋は述べている」

FOX Business は、Dell の非公開化に関しては、株主からの反発もあると伝えている。

「情報筋が FOX Business に語ったところによれば、Microsoft は Dell への出資を検討している投資家グループの1つとなったという。だが、Microsoft が最終的に Dell への投資をするかどうかは、株の買取価格が鍵となる。情報筋は以前、Dell を非公開企業にするという計画は、買取価格を懸念する株主らによる反発によって難航していると述べていた」