米国 Google は、地図サービス「Google Maps」にイスラエルの都市や遺跡などの「ストリートビュー(Street View)」画像を新たに数百点追加した。

同社は2012年の4月からイスラエルのエルサレムやハイファ、テルアビブなどのストリートビュー画像を公開してきた。今回の追加により、より包括的にイスラエルの Google Maps を使った擬似旅行をユーザーに楽しんでもらいたいという。これによって北部ツファットや南部エイラート、死海なども Google Maps で閲覧可能になったという。

Google Maps にイスラエル各地のストリートビューを追加、死海などが閲覧可能に
ストリートビューで死海などが閲覧できる

今回の追加で、イエスが湖面を歩いたといわれるガリラア海や聖ペーターの故郷とされるカペナウムの様子、ベトシェアンの都市遺跡の様子がストリートビューで見られるようになった。他にも、観光名所である、ラマト・ガン・スタジアムなども追加されている。