ウェブスクウェアは、国内宿泊施設の検索や、満室時のキャンセル状況確認を行なえる Web サービス「宿の空き待ち(β)」を開始した。利用は無料だが、Facebook/Twitter いずれかへの登録が必要。

宿泊施設の検索やキャンセル状況の監視を行なえる Web サービス「宿の空き待ち(β)」
宿泊施設のキャンセル状況を監視できる Web サービス「宿の空き待ち(β)」

宿の空き待ち(β)は、国内2万4,814軒の宿泊施設を検索できるサービス。ユーザーが宿泊期間/地域/利用人数などを指定すると、その条件に合う宿泊施設を検出し、空き状況の確認を行なえる。

宿泊施設が満室のときには、「予約監視機能」が利用可能。同機能では、ユーザーが事前登録した最大3件までの宿泊施設について、キャンセル状況の監視を行なう。指定の宿泊施設にキャンセルが発生した場合は、ユーザーの登録アドレスにメールで通知してくれる。監視は宿泊予定日の30日前から前日まで行なう。空室が見つかったり、宿泊予定日時を過ぎたりすると監視を終了する。