NEC は、府中事業場の敷地内に、人工衛星の組み立てや評価/試験などを行う新工場を建設すると発表した。新工場の稼働により既存工場と合わせて最大8機の人工衛星が組み立てられるという。新工場の着工は2013年3月、稼働は2014年6月を予定している。

新工場は、大型衛星に対応できる構造で、震度7クラスの激震を受けても継続使用できる建屋となる予定。投資額は建屋/設備を合わせて約96億円だが、経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」の採択事業となっており、NEC の実質的な投資額は約76億円。

今回の新工場建設により同社の衛星標準バス「NEXTAR シリーズ」の自社一貫生産体制を整備し、環境監視/災害監視/測位などの衛星インフラ整備、アジアをはじめとする宇宙新興国の衛星需要などに積極的に取り込み、2020年の宇宙関連事業規模1,000億円を目指していく。

NEC、府中事業場に人工衛星組み立て工場を建設
工場完成予想図