電気通信事業者協会、NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセスは、大晦日から元日の午前0時前後2時間は、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」を控えるように協力を促している。

通信各社によれば、大晦日から元日にかけての約2時間にわたり、メール配信遅延が発生する可能性があり、場合によっては通信利用の一時的制限を行うとしている。

なお、年末年始のケータイ利用に関するお願いは、各社のホームページなどに加え、電気通信事業者協会(TCA)のホームページ内の本件に関するお知らせ用のページでも確認できる。

携帯電話各社、大晦日から元日の約2時間、年明け通話/メールの自粛を呼びかけ
今回の呼びかけを行う電気通信事業者協会のページ