NTT データグループは、グループ各社が提供してきた日本銀行金融ネットワーク(日銀ネット)利用金融機関の決済業務を支援するパッケージシステムをクラウド化し、新日銀ネット連携/決済管理に一元的に対応できるサービスとして2014年度中に開始する。

日銀ネットは、日本銀行と金融機関との間の資金や国債の決済をオンライン処理するネットワーク。今後の金融サービスの内容やさまざまなニーズの変化に対応できるよう、2013年度以降、2段階に分けて新日銀ネットが稼働を開始する予定。

NTT データグループではこれまで10年以上にわたって、日銀ネットで規定する方式に準拠した決済業務支援システムとして、日銀ネット CPU 接続ゲートウェイパッケージシステムである「B-FEP」や、日銀決済流動性管理パッケージシステムである「日銀 RTGS システム」を提供してきた。新日銀ネット稼働開始に向け、両パッケージで新日銀ネット対応のための機能追加を開始している。

さらに NTT データグループは、金融機関が新日銀ネットに接続する際に必要となるこれら各システムを、従来のグループ各社からのパッケージ製品のみでなく、両パッケージシステムをクラウド化し、新日銀ネット接続に必要となる機能を一元的に盛り込んだクラウド型サービスとして提供する。

NTT データグループ、新日銀ネット対応の決済業務支援システムをクラウドサービスで
サービスイメージ