楽天の傘下企業で電子書籍事業を手がけるカナダ kobo は、Android 用電子書籍リーダー アプリケーションの日本向け提供を開始した。これにより、Android スマートフォン/タブレットで電子書籍販売サイト「kobo イーブックストア」のコンテンツを購入して読めるようになった。同アプリケーション「楽天 kobo」は、Google Play から無償ダウンロード可能。

楽天 kobo、日本向け Android 電子書籍リーダー アプリを提供開始
Android アプリ「楽天 kobo」

kobo は、これまで日本向けに「kobo Touch(コボ タッチ)」「kobo glo(コボ グロー)」、そして予定の12月18日から2日遅れ(関連記事)で「kobo mini(コボ ミニ)」という電子ペーパー画面の電子書籍リーダー端末を提供してきた。今回リリースされた Android アプリケーションを使うと、各端末で購読しているコンテンツを Android スマートフォン/タブレットでも読むことができる。

アプリ画面例
アプリ画面例

読んでいる電子書籍のページ情報は各端末と同アプリケーションで同期されるため、読書の途中で端末からアプリケーション、逆にアプリケーションから端末に環境を移っても、すぐに続きを読み始められる。なお、同アプリケーションはダウンロード前とダウンロード後でアイコンが異なるが、機能は同一で問題なく使用できるという。

2種類あるアイコン
2種類あるアイコン