google と日本ペンクラブは、「Google 図書館プロジェクト」でデジタル化された日本語の作品、および将来デジタル化される可能性がある日本語の作品の利用について、双方の基本的立場を尊重しつつ、建設的な協力関係を構築していくことで合意した。

日本ペンクラブ、Google と「図書館プロジェクト」で合意、著作権問題などの協力関係を構築へ
今回、google と協力的な合意に至った日本ペンクラブのトップページ

「Google 図書館プロジェクト」では、米国の図書館でデジタル化された書籍に、著作権保護期間内の日本の出版物が含まれており、日本の著作権者が懸念を示していた。今回の合意はこの懸念を解決し、協力関係を構築するものだという。

合意には、Google ブック検索でユーザーが検索した際に、表示されるスニペット(数行の抜粋表示)を、今後、日本ペンクラブに所属する著作者や作家の書籍を出版する出版社(著作権者)から要請があった場合、Google が削除するという項目が含まれている。また、作家、出版社が除外登録した書籍は、今後の図書館プロジェクトでは、新たなスキャニングの対象から除外される。

また、Google は、著作権者からの要請がある場合に限り、スキャンされたデジタルデータを利用して Google Play 上で電子書籍を販売する仕組みを提供する。

さらに、両社は今後、法的手段をもって争わないことを約束した。