京都市の京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとの協業を発表した。

今回の協業により、KCCS は WatchGuard の最高レベルパートナー「WatchGuard RED Partner」として認定され、UTM( 統合脅威管理)アプライアンス「WatchGuard XTM」の販売を開始する。

また、KCCS の販売する小中規模ネットワーク向けクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス「nCircle PureCloud」と WatchGuard XTM を組み合わせたセキュリティソリューションを2社で販売する。

WatchGuard XTM は、全世界で80万台以上の導入実績を持つ UTM アプライアンス。100種類以上のレポート機能を標準で持ち、セキュリティを可視化できる。

nCircle PureCloud は、全世界6,000社以上の導入実績がある「nCircle IP360」を使ったクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス。グローバルで利用できるので、海外拠点や子会社を含めたグループ企業全体で統一したリスク管理ができる。

nCircle PureCloud と WatchGuard XTM を組み合わせることで、リスクの洗い出しと防御が継続的にできる。nCircle PureCloud で社内ネットワークの脆弱性を診断した後に、WatchGuard XTM の UTM 機能で社内ネットワークが保護できるほか、WatchGuard XTM の設定や社内ネットワークの構成・設定変更後に、再度 nCircle PureCloud でネットワークの脆弱性を診断できる。

また、nCircle PureCloud から WatchGuard XTM の IPS( 不正侵入検知、防御)機能が正常に稼働しているかどうかもチェックできる。

KCCS、「WatchGuard RED Partner」に認定
KCCS トップページ