NHN Japan は、スマートフォン向け無料通話/メッセージ サービス「LINE(ライン)」と連携し、アバターによるコミュニケーションが行えるサービス「LINE Play」の正式運営を12月18日に開始した。クライアント アプリケーションは Android 版と、iPhone などで利用可能な iOS 版を無償提供し、有料のアドオン アイテムを用意する。

アバター コミュニケーション「LINE Play」正式スタート、プレオープン時点で100万ユーザー
LINE Play

LINE Play は、アバターを使ってチャットなどが行えるコミュニティ サービス。ユーザーはキャラクタの作成、マイルームの装飾を通したコミュニケーションが楽しめる。サービス内のショップで販売されているさまざまな仮想ファッション/インテリア アイテムは、仮想通貨「ジェム」で購入する。ユーザーの集まる「ラウンジ」では、音楽/ゲーム/スポーツ/テレビといった共通の話題でグループ チャットをしたり、LINE 用スタンプでやり取りしたりできる。

LINE Play の各種機能
LINE Play の各種機能

これまではプレオープン期間で、11月21日のオープンから約1か月でユーザー数が100万人に達したという。正式オープンした現在は、安定性を高めるとともに、パトロール体制を強化したとしている。

LINE Play の紹介ビデオ

なお、NHN Japan は、LINE の出会い目的での利用をしにくくするため、18歳未満のユーザーに対して LINE ID 検索機能を提供しない青少年保護対策を導入する(関連記事)。