ウェザーニューズは12月13日、「ふたご座流星群」が観測ピークを迎える今夜から明日の朝にかけての最新の天気傾向を発表した。今夜は、高気圧に覆われ、西〜東日本で晴れて天体観測に絶好の夜空となると予想している。

「ふたご座流星群」観測ピーク直前!―ウェザーニューズ、観測ピークを迎える12月13日の全国の天気傾向を発表
ふたご座流星群観測可能地域
*クリックしてウェザーニューズの「流星見えるかなマップ」に移動

◆12月13日の天気は?

「ふたご座流星群」がピークとなるのは 14日の午前8時頃。このため、今夜から明日の早朝にかけてが観測チャンスとなる。

今夜は高気圧の影響で、西〜東日本を中心に広い範囲で晴れて流星観測に絶好の夜空となりそう。ただし、西日本は低気圧と前線が接近し、西のエリアからだんだん雲が広がってくる予想なので、早めの時間帯での観測がオススメ。北日本の日本海側〜北陸では高気圧のまわりに沿って流れ込む湿った空気や、寒気の影響で雲が多くなるため、雲の隙間からの流星観測となる見込み。

今夜は各地とも冬らしい寒さとなるので、屋外で観測する際には寒さ対策を万全にする必要がある。

最新の天気については、同社の PC 向けサイト携帯サイト、およびスマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空Ch.』で確認されたい。