富士ゼロックスは、電子文書を編集・管理するソフトウェア「DocuWorks」で作成した文書を閲覧できる Android アプリケーション「DocuWorks Viewer Light for Android 2.0」を提供開始した。Google Play で無償ダウンロード提供中。アノテーション機能などのオプションは有料。

「DocuWorks」文書用の Android 閲覧アプリ「DocuWorks Viewer Light for Android 2.0」、富士ゼロックス
DocuWorks Viewer Light for Android 2.0

DocuWorks Viewer Light for Android 2.0 は、DocuWorks で編集・管理している電子文書などを閲覧できるアプリケーション。文書の拡大/縮小のほか、アノテーションの表示/非表示といった操作が可能。リンクアノテーションから文書内のページや Web サイトにジャンプすることもできる。

また、「テキスト付き付箋アノテーション」「マーカーアノテーション」などの有料オプションを購入すれば、付箋やマーカーを使って文書に注釈を加えることも可能。

オプションの「アノテーション機能」
オプションの「アノテーション機能」

同アプリケーションを利用するには、月額課金制のクラウドサービス「Working Folder」のほか、Working Folder と端末との間で文書のアップロード/ダウンロードを行なう「DocuWorks Folder for Android」が必要。

オフィスや外出先で文書を閲覧することができる
オフィスや外出先で文書を閲覧することができる

なお、同社は iPhone などで文書を閲覧できる iOS アプリケーション「DocuWorks Viewer Light for iPhone/iPad 3.0」も無償ダウンロード提供している。