エクスポート・ジャパンは、関西のものづくり基盤技術の情報発信とビジネスマッチングを支援するポータルサイト「サポイン ショールーム」を12月1日から公開した。

関西のものづくり基盤技術情報を国内外へ発信―ポータルサイト「サポイン ショールーム」が公開
「サポイン ショールーム」のサイトイメージ

同サイトは、経済産業省が2006年度から実施している「戦略的基盤技術高度化支援事業」(サポイン事業)において、主として近畿地域で採択された研究開発のうち、実用化が可能となった基盤技術を国内外へ情報発信するとともに、これらの成果を活用したビジネスマッチングを目的としたポータルサイト。日本語版と英語版が用意されている。

サポイン事業とは、ものづくり基盤技術の高度化に向けて、中小企業者が研究機関や販売業者等と協力して行う研究開発を支援するもの。中小企業者は「中小ものづくり高度化法」による認定を受けた特定研究開発等計画を基本としたプロジェクトを提案・応募し、研究開発の支援を受けることができる。

現在同サイトでは、ライトニックスの世界初の樹脂製ランセット針「ピンニックス (R)ライト」や、フクビ化学工業の炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)の成形技術、丸八の熱可塑性炭素繊維強化プリプレグ材料などの情報が公開されている。