ウェザーニューズは、「ふたご座流星群」が観測ピークを迎える12月13日からの全国の天気傾向を発表した。太平洋側ほど晴れて観測を楽しめると予測している。さらに同社は、ライブ放送番組「SOLiVE24」で特別番組を放送し、全国7か所から流星群のようすを生中継する。特別番組は13日22時からの放送予定。

ウェザーニューズ、「ふたご座流星群」観測ピーク13日の天気を発表、全国7か所からの生中継も
「ふたご座流星群」当日の天気を発表
今回のふたご座流星群は、14日朝に極大を迎えるため、13日夜から14日早朝が観測ピークとなる。今年は、新月で月明かりの影響も少なく、1時間あたり約50個の流星を見られる見込み。

ウェザーニューズは、13日夜から14日早朝の天気について、太平洋側ほど晴れて広範囲で観測を楽しめると予測している。北日本の日本海側から北陸では雲が多くなるものの、雲の隙間から流星を観測するチャンスはあるという。また、遅い時間帯になると西から次第に雲が広がる予想で、早めの時間帯での観測を勧めている。

さらに同社は、ふたご座流星群を視聴者と楽しむための特別番組を13日22時から SOLiVE24 で生放送する。最新の気象予測から観測に適すると見込まれる全国7か所に中継班を派遣し、各地から流星のようすをリアルタイムで放送する。

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で特別番組を放送
24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で特別番組を放送

同番組は、スマートフォン用アプリケーション「ウェザーニュースタッチ」(iOS 版/Android 版)/インターネットサイト/BS テレビ「BS 910Ch」から視聴できる。ほかにも、ライブ動画配信サービス「ニコニコ生放送」でリアルタイム配信する予定。